佐伯美香のバレー教室・技術指導

元ビーチバレーオリンピック選手の佐伯美香さんが講義(2010/06/30)

元オリンピック選手の佐伯美香さんを非常勤講師としてお招きし,共通教育科目の講義をしていただいています。

佐伯さんは,平成7年にバレーボールのワールドカップで一躍脚光を浴び,翌年,Vリーグ優勝を果たし,アトランタオリンピックに出場されました。平成9年にはビーチバレーへ転向し,平成12年シドニーオリンピック4位という輝かしい成績を残して,一時引退。結婚・出産を経て復帰し,平成20年北京オリンピックに出場し,現在は指導者としても活躍されています。

佐伯美香佐伯さんにご指導いただいているのは「スポーツ」という授業です。この授業は,大学生活において必要な健康や体力の保持・増進のための基礎的知識や,実践を通して生涯スポーツに進展させる実践力を身につけるとともに,コミュニケーション能力などを高め,学生生活の充実につながるライフスキルを向上させることを目的としています。 基礎的な体づくりや動きづくりを学んだ後の発展的な動きづくりとして,ソフトバレーボールの実践を行います。

この日の授業では試合をする上で重要となるフォーメーション(配置)を学びました。授業の始めに前回の授業を振り返り,ウォーミングアップとしてストレッチやジョギングを行いました。動体視力や手指の柔軟さが求められるバレーならではのストレッチで,目や指まで入念にほぐします。


(瞬発力をあげるトレーニング!)


(全身をしっかりほぐします)

ウォーミングアップの後は,この日のテーマであるフォーメーションについて,佐伯さんから説明を受け,チームごとにパスやレシーブの練習を行いました。授業を通して多くの人と交流できるよう,授業ごとにチームを変えたり,パスをするときにはニックネームを呼んだりするなど,たくさんの工夫がなされています。


(佐伯さんの説明をよく聞いて・・・)


(チームごとに練習しました)

練習の後はいよいよ試合です。佐伯さん自身もいろいろなチームに入り,学生と一緒にプレーしながら指導されていました。あちらこちらから「ナイス!」「おしい!」といった歓声がわきあがり,チーム内で拍手し合ったりハイタッチしたりととても盛り上がっていました。

学生は「毎回,新しい友達ができてうれしい。」「週に1度のリフレッシュタイムです。」などと話しており,毎週佐伯さんの授業を楽しみにしている様子でした。佐伯さんは「一般の人はスポーツへの関心が薄く,スポーツの習慣がないことを実感したので,スポーツの楽しさやすばらしさを伝えていきたい。そして,お世話になった愛媛のみなさんに恩返しがしたい。」と今後の目標を語ってくださいました。オリンピックでの活躍で,地元愛媛を元気づけてくださった佐伯さん。これからも講演や指導などの活動を通して愛媛のスポーツを支えていただけることでしょう。

編集・制作 : 愛媛大学 広報室(2010/06/30)

ページトップ